革のアレコレ: 革の種類・特徴

シープスキン

ヒツジの皮。用途によって毛用種、毛・肉兼用種、毛皮用種、乳用種に大別される。多数の汗腺、脂腺が密集し、毛包が湾曲しており、コラーゲン線維の発達が悪い。乳頭層と網状層との境界部に脂肪細胞が連続層を形成しており、加工後2層に剥離しやすいのが特徴である。毛包が長くて皮の2/3にも達しており、網状層は厚さが薄く線維束も銀面に対して平行なものが多い。コラーゲン線維は細く、軽くて柔軟な革になる。

主に衣料用革、手袋用革に利用される。

ウールシープの革は柔軟性に富み、軽く膨らみがあるが、線維構造はルーズであるため機械的強度に難がある。ヘアーシープの革は柔軟性があり、軽く、ある程度の強度がある。年齢(大きさ)によりシープスキンとラムスキンに分かれる。

革の種類・特徴