革のアレコレ: 革の種類・特徴

ウォッシャブル レザー

ウォッシャブルレザーとは、水洗い可能な革を指します。

革は本来水に濡れると色が落ちたり、風合いが硬くなったりする水に弱い素材ですが、ウォッシャブルレザーは、染色堅ろう度や形状、強度などの物性を高め耐洗濯性を持たせています。

大きく分けて2種類のウォッシャブルレザーあります。

1つは、鞣しの段階で特殊なオイルを用いる事で耐水性をあげたもの(多少の色落ちはあるが風合いの変化は少ない)。もう1つは、染色の段階で強力に繊維と染料を結びつけたもの(色落ちは少ないが少し硬くなる)。どちらも革の繊維に働きかけているので、表面に撥水加工を施した一般的な革よりも耐洗濯性が高くなります。

古くから鹿皮に油鞣しを施したセーム革が有名です。油で鞣す事で耐水性が高くなります。主にメガネ拭きや手袋等に使用されます。

革の種類・特徴