革のアレコレ: 革の種類・特徴

アニリン革

アニリン仕上げを施した革。

革本来の特徴である繊細な銀面模様を活かすため、鮮明な染色(アニリン染色)と合成染料で着色した透明材料による仕上げを施します。

アニリン革は美しい銀面像を持ちますが、主としてタンパク系の仕上げ剤を用いるので、耐水性がやや低くなります。そのため、水に弱く、ウォータースポットのような障害が生じやすい仕上げです。

革の種類・特徴