革のアレコレ: 皮革用語・その他

皮革

皮革は一般に「かわ」ともいわれるが、皮とは動物の外皮で、毛付き、又は脱毛して未鞣しのものをいう。革<かく>とは毛を除去して鞣したものをいう。皮革は両者を包含する概念である。毛皮も広義の皮革に含めることがある。皮革が繊維材料と異なる最大の特徴は、生体時に既に線維の交わりや密度が決定されている点にあり、それだけ天然材料としての個性が強い。通常、哺乳動物皮の耐熱性は62~63℃前後であるが、革は鞣されるとコラーゲン繊維が安定して耐熱性が向上する。鞣されると腐敗しにくく(湿潤状態でも)、柔軟性及び弾力性を保持するようになる。鞣しに使用する鞣剤<じゅうざい>の種類や加工方法や厚さなどにより特徴のある革ができる。

皮革用語・その他