革のアレコレ: 皮革用語・その他

銀面(吟面)

銀面とは、毛や表皮を除去した真皮の表面のこと。

銀面の状態は革の商品価値に影響します。毛穴の大きさ、形状、配列、間隔など、動物の種類によって特徴があります。


銀面という呼び名は、明治時代中期頃からのようです。
牛革が加工によっては光沢を帯びて見えることから銀面と呼ばれるようになったのではないかと推測されています。現在では吟面とも呼ばれます。

皮革用語・その他