革のアレコレ: 皮革用語・その他

植物タンニン

植物に含まれるタンニンを主成分とする鞣剤。昔は植物のタンニン含有量の多い部位を粉砕してそのまま使用していたが、現在では温水によりタンニンを抽出し、使用している。主な物にワットル、ケブラチョ、ガンビアなどの縮合型とチェストナット、ミロバランなどの加水分解型がある。これらの植物タンニン剤はプランテーションで計画的に栽培、伐採が行われている。

皮革用語・その他