革のアレコレ: 皮革用語・その他

床革

皮を銀面(皮の表面側)のついた層と、その下層部分に水平に分割したときの下層部分。分割にはスプリッティングマシンが用いられる。未石灰漬け皮から得られたものを生床皮、石灰漬け皮から得られたものを石灰床<せっかいどこ>(lime split、white split)、厚鞣しのクロム革から得られたものを青床<あおどこ>(blue split)という。製革原料としては価値が低い。

かつては作業用手袋に多く使用されていた。現在では表面を厚く塗装し、銀面様プラスチックシートを積層したりして様々な用途に利用する。ベロア状に起毛させたものは 床ベロアという。なお、分割後の銀面側をグレインスプリットともいう。

皮革用語・その他