革のアレコレ: 皮革用語・その他

腹子

胎子。腹子は英語(unborn calf)にあるように、文字通り胎児のことである。皮革製品において、一般的には流産、早産、又は死産などの個体をいう。しかし、ウシに関しては、現実には本来的な腹子の個体数は極めて少なく、通常は雄の乳牛や肉牛の子牛などで、生後3か月以内にと畜されたものも腹子と呼称される。また、特に毛付きのカーフ革を“腹子”と称することが多い。なお現在では腹子は胎児と同義語として用いられることはない。

 一方、ウマは生後間もなくと畜されることはないが、流産や早産した場合にこの子ウマは毛皮革として活用され、一般的には“ポニー”と呼ばれる。これに腹子の名称が用いられることもあるが、この名称が適切性を欠くことは、ウシ(カーフ)の場合と同様である。 カーフに比べてポニーの数量はごく僅かであり、このポニーとは別に成馬でも体長が140 cm以下でポニーと呼ばれる小型種のウマも存在する。最近では毛付の馬革などを指す場合もある。

皮革用語・その他