革のアレコレ: 加工・仕上げ

バフィング

バフィングとは、革の表面をサンドペーパーで除去して起毛させること。

革の銀面(革の表面)にバフィングを施しヌバックに仕立てたり、革の床面(革の裏面)にバフィングを施し細かい毛羽を立たせスエードベロアなどに仕立てたり、起毛革の製造工程の一つとして行います。
その他、製造時に塗装や接着の効果を高めるために行うことも多くあります。

靴など革製品の銀面のつや出し磨き作業(布による摩擦作業)をバフィング(フェルトバフ)と呼ぶこともあります。

加工・仕上げ