革のアレコレ: 加工・仕上げ

バフィング

革の表面をサンドペーパーで除去して起毛させること。例えばガラス張り乾燥を行った革の銀面をバフィングにより傷を除去した後塗装する。また、革の銀面にバフィングを施しヌバックに仕立てたり、革の肉面にバフィングを施し細かい毛羽を立てしてスエードやベロアなどに仕立てたり、起毛革の製造工程の一つとして行う。また革製品の製造時に塗装や接着の効果を高めるために行うことも多い。靴などでは銀面のつや出しのための布による摩擦作業をバフィング(フェルトバフ)と呼ぶことがある。アドバン加工などでも使用される。

加工・仕上げ