革のアレコレ: 加工・仕上げ

漉き(シェービング)

革の肉面側の表面を回転する刃ロールで削る作業。原則的に鞣した革を染色、加脂などの水場作業を施す前に用途や等級に応じて選別した材料革の厚さを調整するために行う。シェービング厚さは目的とする製品革と再鞣しなどの後処理による厚さの変動を予測して決定する。製革後に用途に応じて漉き加工をする場合もある。

加工・仕上げ