革のアレコレ: 加工・仕上げ

分割

裏漉きともいう。脱毛後の皮の厚さは、その部位間及び皮間で差異があるため、皮革の厚さを調整するために断面に対して、直角、水平に分割する作業。

銀面(皮の表面側)のついた層と、下層部分(銀面下)と2層以上に分割します。分割は、適度な剛性と弾力を有する石灰漬け皮や鞣し上がりの革に行われます。また、クロム鞣し後の革に対して行う場合もあります。乾燥革、仕上がり革、裁断革の厚み調整でも分割が行われます。

皮革の厚さを平均に分割するための制御ローラーと、バンドナイフを備えたスプリッティングマシンで作業を行います。

加工・仕上げ