革のアレコレ: 加工・仕上げ

しぼ付け

皮革の仕上げ方法の一つで、革をもんで銀面にしわ模様を付ける作業のこと。手作業の場合は銀面を内側にして折り曲げ、肉面側からハンドボード(きりしめ、コルク張りして湾曲した板)を押し当て、ボードを移動させて折り曲げ位置をずらしながら、銀面の軽いしわを全面に広げる。現在はコルクで包まれた2本のシリンダーで行えるよう機械化されている。繊維をほぐす効果もあり、革特有のソフトな感触としぼの美しさを強調するために行われる。

一方、型押しでやや深いしぼ付けを行った後、しわや模様付けで銀面の欠点を隠すためにも利用される。しぼ付けの仕方に水もみ、角もみ、八方もみなどがある。しわの方向により、一方向だけのもの、直行しているもの、あらゆる方向を含むものなどがある。シュリンクとは異なる。

加工・仕上げ