革のアレコレ: 加工・仕上げ

色止め

染料の固着を目的として、各種類の薬品溶液で染色した材料を処理すること。

ドラム染色の最後の段階で、少量の有機酸、クロム塩、アルミニウム塩、カチオン活性剤などを添加し、染料を固着させることが多いですが、スプレー染色や刷毛染めの後で行う場合もあります。

加工・仕上げ