革のアレコレ: なめし・染色

コンビネーション鞣し

2種又はそれ以上の鞣剤の併用による鞣し。複合鞣しともいう。例えば、クロム鞣し(前鞣し)後、植物タンニンなどで再鞣することにより、コシ感などの単独の鞣し剤では得られない多様な特性を付加したり、単独鞣しの欠点を補ったりすることができる利点がある。多様な新しい触感や性状を求める市場の要求に対応するため、この種の鞣し処方の重要性が増している。

なめし・染色