ニュース:イベント情報

アーカイブ

第97回東京レザーフェアレポート

ブースイメージ

今回は、前回同様に革紐はボビンではなく板巻で、革素材は壁かけではなく全て平台で展示。壁を弊社イメージカラーのネイビーで統一し、全体的にシンプルにまとめました。素材ごとのスペースを少し広くして見て頂きやすいように配置しました。

新商材カルロス

今回のレザーフェアでデビューした新商材。繊維を崩さない事を目的としたグローブ鞣しを行い、革を伸ばしすぎずに仕上げている為、シワが入りにくく革本来の柔軟性としっとりした触感が楽しめます。従来のグローブレザーと比べて軽く発色性に富んだ色展開も特徴となります。

カルロス全15色で作製したスニーカー
インパクトがあり商材の特徴が活かされていて好評を頂きました。

紐加工

前回同様ボビンによる展示ではなく台紙を作製し板巻で展示しました。編み紐やミシンテープが前回よりも人気を集め、そのままバックの取っ手に使用したいというお客様が複数いらっしゃいました。

ハーネスノーグレース新色

北米タンナー“ウィケットアンドクレッグ社”の弊社定番素材ハーネスノーグレースの色展開を5色から12色へと大幅に増色しました。発色の良いターコイズブルーやピンク、ヌメ革では表現しづらいグレーが注目を集め大変好評頂きました。同色展開の型押しバージョンも、天然シュリンクのような表情が注目を集め大変好評でした。

イタリアンレザー

今後の展開予定として試験的にイタリアンレザーを展示しました。やはり革の本場イタリア製ならではの革の質感や発色が目を引きました。今後、ハシモト産業としてもイタリアンレザーを本格的に取り入れる予定です。詳細が決まり次第皆様にもお伝えしますのでお待ちください。

Shere

最新イベント情報