革のアレコレ: なめし・染色

アニリン染料

合成染料の総称。

石炭産業が盛んな時代に廃棄が難しいとされていたコールタールからベンゼンを抽出することができるようになり、ニトロベンゼン、アニリンなどの化合物が合成されました。

このアニリンを原料として、1856年ウィリアム・パーキンが紫色の「モーブ」を発明し、種々の酸性染料、塩基性染料が合成されました。これらアニリンを原料とする染料を総称してアニリン染料といいます。

現在では、合成染料の総称としてアニリン染料と呼ばれています。

なめし・染色